炭水化物(糖質制限)抜きダイエット

簡単!食事ダイエット法

ダイエットをしようと心に決めた方であれば、誰もが一度は聞いたことがある炭水化物抜きダイエット。

短期間で効果が出るということで有名ですよね。

このページでは、その炭水化物ダイエットの仕方や注意点等管理人が調べたことを紹介したいと思います。

1、炭水化物(糖質制限)抜きダイエットとは

通常脳や体は、血中の糖をエネルギーとするが、その血糖値が下がると体脂肪からエネルギーを得る働きに変わります。

この仕組みを利用し、ご飯類、パン類、麺類、お菓子、イモ類、果物等の、炭水化物(糖質)の摂取を抑え、

血糖値を下げて半ば強制的に体脂肪を燃焼させるダイエットです。

別のページで ※ 血糖値を急激に上げる食事を控える ※ でも紹介しました、

GI値の高い食事を徹底的に控えるという考え方に近いかもしれません。

この炭水化物ダイエットで減量を成功させた方は多いようです。

2、炭水化物抜(糖質制限)きダイエットの注意点

 糖質は脳で使用されるエネルギーでもあり、脳が栄養不足となってボーッとしたり、集中力が持続できない、だるさ等の低血糖症を発生させる可能性がある。

 糖質が不足すると、タンパク質を多く消費しブドウ糖を作る働きが発生するので、タンパク質が不足になり、

筋肉量、基礎代謝の低下を発生させる可能性がある。基礎代謝が低い=痩せてもリバウンドしやすい体質に??

 タンパク質不足を補うため、今まで以上にタンパク質や脂質の多い食事をする必要があり、心筋梗塞や脳梗塞等を発生させる可能性がある。

徹底的に炭水化物を抜いて体調不良になり、病院のお世話になる方もいるらしいです。

もし炭水化物抜きダイエットをするのであれば、炭水化物を完全に抜くのではなく、カロリー調整程度にすることをお勧めします。

3、炭水化物(糖質制限)抜きダイエットの方法

 ご飯類、パン類、麺類、お菓子、イモ類、果物等の、炭水化物(糖質)を食事から抜くだけ。

 体は炭水化物の摂取できないと、体の中のタンパク質や脂質を多く消費します。

タンパク質と脂質は不足しないよう食事で十分摂取する。

一日どの程度の炭水化物を抜くかは、自分のダイエットしたいレベルで決めると良い。

ただし、朝、昼を抜くと、学校や仕事で集中力がなくなったり、イライラしたりしがちになるので夜推奨。

4、炭水化物(糖質制限)抜きダイエットの活用法

炭水化物を徹底的に抜くと、筋肉量が減り太りやすい体質を作っているようなもで、

ダイエット成功者がその後どのように体重維持しているのか聞いてみたい気もします。

また、血糖値の急激な上昇、低下に伴い体調不良を発生させる可能性もあり、

サラリーマンのダイエットとして適しているとは言い切れません。

もし炭水化物抜きダイエットをするのであれば、いつもより少し減らす程度にし、

運動もあわせて実践してみてはいかがでしょうか。

「ダイエット期間中なのに食べ過ぎた!」というときに、1日~2日カロリー調整程度で利用したら良いのでは?と思います。

いずれにしても、無理しすぎないようにしてください。

5、その他の食事対策!

難消化性デキストリンで、食事の糖の吸収を抑える!

本当か嘘か!デンマーク国立病院ダイエット!

まったり派はこちら。納豆ダイエット

体も心も負担0!炭酸水ダイエット

一時期TVで有名に!バナナダイエット

コメント

タイトルとURLをコピーしました