プロテインの種類と人気メーカーを紹介

ダイエットの基礎知識

プロテインは何を選び、いつ飲めばよいのか

私もいい年ですので筋トレのみでは筋肉が付きづらいと思い、プロテインを購入しました。

購入するにあたりいろいろ調べましたので、ご紹介したいと思います。

購入する際何を選べばよいのか、参考にしてもらえると嬉しいです。

プロテインの種類 大きくわけて3種類

ホヘイプロテイン

原料
牛乳に含まれているホエイ(乳清)というタンパク質が原料。「BCAA」が多く含まれている。

BCAAとは
人間が体内で作ることができないが、運動時に筋肉が必要とする重要なアミノ酸。

特徴
動物性タンパク質なので消化吸収率が高く、筋肉を回復させる効果も期待されており、

トレーニング直後の栄養補給に適している。筋肉を大きくしたい方向け。

ただし、タンパク質の含有量が高いと高価になる傾向がある。

注意点
製法によって価格が異なり、牛乳を飲むと下すよう乳糖不耐症の方は、お腹を下してしまう可能性がある。

製法がいくつかある

WPC製法
普通のプロテインはこの製造方法が多い。純度が低いので安く製造できる。脂質や乳糖が多く残るものが多いため、

乳糖不耐症の方は、膨満感やお腹がごろごろする場合がある。

WPI製法
WPCからさらに加工し、タンパク質の純度の高くする製法。脂質や乳糖が少ない。

WPH製法
WPIを分解し吸収しやすくしたもの。さらに純度が高いため、消化吸収が早く筋肉の回復とパフォーマンス

に優れている。価格は高い。BCAAが多く含まれる。

CFM製法
WPIの製造過程で、さらにタンパク質の純度が高く脂質や乳糖を除去。BCAAが多く含まれる。価格がかなり高い。

カゼインプロテイン

原料
牛乳に含まれているカゼインというタンパク質を使用。ホエイ(乳清)に対し、カゼインは

チーズやヨーグルトを固める(乳固形分)を使用している。

特徴
固形にする成分なので、吸収速度が遅くお腹に残るので空腹感を防ぐ。筋肉のつけて見た目を変えるのではなく、

純粋にダイエットしたい方の栄養補給に向いている。就寝前に取ると良い。

また、腸の動きを活発にし、免疫を高める効果があると言われている。

注意点
水に溶けにくいため、お腹が張る、腹痛などが起きることも。

ソイプロテイン

原料
大豆に含まれるタンパク質が原料。植物性のタンパク質で価格が安い。

特徴
カゼインと同じく消化吸収の速度が遅いため、お腹に残り空腹感を防ぐ。

また、大豆のイソフラボンが女性ホルモンと似た効果があり、女性の美しさや若々しさを手助けしてくれる。

注意点
大豆の特融な風味がする場合もある。多少水に溶けずらい。ダイエット中の人や、

女性らしさを重視している人に向いている。

 

プロテインの作り方

プロテインを、水か牛乳で溶かして飲むのが基本。

 +  or 

粉が溶けずに容器の下で固まってしまうことがあるので、シェーカーには必ず

先に水 or 牛乳 or 豆乳 を先に入れ、後から粉入れて混ぜます。

 

プロテインはいつ飲めば良いのか

ホヘイプロテイン

吸収の早いタンパク質の為、体がたんぱく質を一番必要とする、運動後30分以内がおすすめ。

カゼインプロテイン

吸収が遅く空腹感を防いでくれるので、朝食または間食か、就寝前がおすすめ。

ソイプロテイン

吸収が遅く、空腹感を防いでくれるので朝食または間食か、就寝前がおすすめ。

 

プロテインの、メーカー、商品別比較

商品名:SAVAS メーカー:明治製菓株式会社 生産国:日本製

最近コンビニなどでも見かけるので皆さんよくご存じだと思います。

安定の日本製。無難を選ぶなら間違いなくこのメーカーです。

高純度ホエイプロテイン(WPI)使用のPROシリーズ

や引き締まったからだを目指す方用のソイシリーズや、子供用など、

用途別のプロテインが用意されています。

商品名:パワープロダクション(POWER PRODUCTION) メーカー:江崎グリコ株式会社 生産国:日本製

こちらも誰もが知っている有名な会社 江崎グリコが出しているプロテインです。

知っている会社だけに安心感がありますね。乳糖を含んでおらず、お腹を下しやすい方も

支障なく飲めたといった口コミもありました。やはり日本人は国産なんでしょうか。

タンパク質含有量も高いです。

ただ、他社製と比べると多少割高なのかな。

商品名:ビーレジェンドプロテイン(be LEGEND) メーカー:Real Style 生産国:日本製

若い方の口コミではおいしいという声が多いですが、

年齢が上の方には甘すぎるといった声もありました。

また、人気の一番の理由はコスパにありそうです。

数字上は他社製と比べても、かなりのコスパに見えます。

試す価値はありそうです。

 

 

商品名:ゴールドスタンダード メーカー:Optimum Nutrition 生産国:米国製

米国で30年の歴史があり、世界シェアNO1らしいです。

歴史がある会社なので製品に問題ないとは思いますが、

人によって味が良いとか悪いとか。

また、他の製品と比べて全体的に少し高いという口コミもありましたが、

そんなこと無さそう。

 

商品名:GronG(グロング) メーカー:株式会社Ultimate Life 生産国:日本製

GronGは「Growth」+「Strong」を複合した「成長を求め、人は強くなる」という

ブランドコンセプトのもと開発された製品のようです。

トレーニングジム事業等をされている会社で、プロテインだけではなく

あらゆるトレーニング製品の販売もしています。

プロテインに関しては、コスパが半端じゃないです。

ただ、あまりにも安いので試しに私が使ってみてます。後日報告しますね

 

 

商品名:マッスルフィットプロテイン(MUSCLE FIT PROTEIN) メーカー:森永製菓株式会社 生産国:日本製

こちらも誰もが知っている会社ですね。

出先でどうしても必要なとき手軽に食べられるバータイプも用意されれおり、

人気メーカーの一つです。子供用もありますよ。

 

商品名:マイプロテイン Impact メーカー:THE HUT GROUP 生産国:英国製

日本製ではないので、栄養量や計量スプーンの一杯当たりの量がわからないとか、

ジッパーに粉が入り込んでいて、開封時に飛び散ったりするなどの口コミがありましたが、

人によってはハマる方もいるようで、かなりのリピーターも存在しているようです。

チョコフレーバーの種類が13種類あります。さすが海外製。

一度試してみるのもアリですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました