【ZOOM】ホーム画面の各機能解説【スマホ・タブレット】

ZOOMいろいろ解説

このページでは、緊急事態宣言を受け一般的になりつつあるテレワーク等の影響もあり、急激に普及している音声、映像のコミュニケーションツールZOOMの、最新のアプリ起動後の「ホーム画面の各種機能」を解説します。

ホーム画面の各種機能

ZOOMのミーティングを設定したり、詳細設定やアカウント管理などは、アプリを起動したホーム画面から行います。

タブレットでZOOMを起動したときのホーム画面です。スマホもアイコンや機能はほぼ一緒です。

① ホーム

ホーム画面に戻る。

スマートフォンによっては、「ミーティングおよびチャット」というアイコンの場合もあります。

② チャット

指定した相手にチャットを送ることができます。複数人に送ることも可能。

チャットを入力する左にある、+アイコンをタップすると、以下の機能を選択できるようになる。

ビデオ送信

チャット中の相手とミーティングを実施する。

フォトアルバム

スマホやiphone、ipadにある画像をチャットで送りことができる。

ファイルを送信

Microsoft OneDriveやGoogleドライブ、iCloud Driveからファイルを送信することができる。

無料通話

音声通話をすることができる。

画面の共有(タブレット)

カメラではなく、チャット相手にホストが開いている画面を共有することができる。

写真者やWebサイト、ホワイトボード、ゲーム画面など共有することもできる。

画面の共有方法はこちら

写真の撮影

写真撮影し今すぐチャットで送信することができる。

③ ミーティング

ミーティングを実施します。

ミーティングには3つの機能があります。

開始

自分がホストになり、ミーティングルームを開きます。

個人ミーティングIDとパスワードを知っている方であれば、招待されなくても参加可能。

招待の送信

メールやメッセージで、ミーティングの招待を送信することができる。

招待された側は、メッセージやメールに記載されているURLにアクセスするだけでミーティングに参加可能。

編集

個人ミーティングの各種機能を編集できる。

:機能を編集したあとは、保存しなければ変更後の機能は反映されません。

個人ミーティングID(PMI)

アカウント登録時に付与された、個人ミーティングルームのID。編集不可。

ミーティングパスワードが必須

相手がミーティングルームに入る時に、パスワードの入力が必要か選択可能。

:セキュリティの問題があるので、会社で使用する場合はパスワードは必ず設定しましょう。

パスワード

ミーティングに入る際、入力が必要なパスワードを設定する。

ホストビデオオン

ミーティング開始時に、自分がカメラを使う状態かどうかを設定する。

参加者の動画オン

参加者がミーティング参加時に、カメラを使う状態かどうか設定する。

オーディオオプション

ミーティングに参加する方が、電話音声で参加するか、インターネット通話で参加するかを設定できる。電話音声で参加すると通話料が請求されてしまいます。

しかも、ダイヤルイン国の選択は、デフォルトでアメリカ合衆国になっているので注意が必要です。

推奨の設定

音声接続を選択する ⇒ 「デバイスのオーディオのみ」

ダイヤルイン国または地域を選択 ⇒ 日本

これで、ミーティング参加者が誤って国際電話で繋ぐことは無くなります。

待合室を有効化

意図しない参加者をミーティングに参加させない為、参会者は一度待合室に入り、ホストが参加者を承認しなければミーティングに参加することができない設定です。

推奨設定

常にON

ホストより前の参加を許可

参加者はホストが参加する前に、またはホストがミーティングに参加しない場合にミーティングに参加することができる。

インスタント ミーティングにPMIを使用します。

新規ミーティングルームを開設する際に、個人ミーティングIDと新規のミーティングIDどちらで開設するか初期設定を設定できる。

ミーティングを自動的にレコーディングする

ミーティング中の内容を自動的に保存するかを設定できる。

ミーティングへの参加を許可

ミーティングIDとパスワードで、すべての参会者がミーティングへ参加できるようにするかを設定できる。

④ 連絡先

連絡先を追加した相手のアカウントが表示されます。

連絡先として追加した相手とは、ミーティングをすぐに開始することができます(電話のように相手を呼び出し可能)。

⑤ 設定

連絡先

電話の連絡先マッチング

電話に登録されている登録者を照合し、該当者がいれば表示できるようにします。

連絡先リクエスト

連絡先のリクエスト履歴が表示される。

ミーティング

オーディオに自動接続

ONにすると、ミーティング参加時に自動的にオーディオ接続する。

自分のマイクを常にミュート

ミーティング参加時に自分のマイクが常にミュートになる。

自分のビデオを常にオフ

ミーティング参加時に自分のビデオが常にオフになる。

マイビデオをミラーリング

画面に映る自分の画像を反転する。相手には普通に映っている。(何の効果があるのかは不明です)

常にビデオプレビューを表示

ビデオミーティングに参加するタイミングで、ビデオを使用するか聞かれるようにするか。

※ 自分がホストの場合は機能しません。

非ビデオ参加者を表示

ビデオを使用していない参加者を、ギャラリービュー(参加者が全員表示されるビュー)に表示する。

参加者の参加時に名前を表示

ミーティング参加時に、参加者の名前が表示される。

招待リンクの自動コピー

ミーティングを開始したときに、招待するリンクのURLを自動的にコピーできる

テキスト、メール本文等、貼り付けできるところであれば貼り付け可能。

字幕

字幕(CC:クローズドキャプション)が利用可能な際に、ビデオのキャプションを表示する。

オリジナルの音声を使用

ZOOMの機能であるノイズ制御等を使用せず、そのままの音声を有効にする場合に使用する。

高性能なマイクを使用している場合などに使用する機能。

接続時間を表示

ミーティングの経過時間、接続時間を表示する。

安全運転モード

ビデオと音声をオフにし、話す時だけ画面をタップしマイクを有効、無効を切り替えることができるようになる機能。

現在音声がミュート(こちらの会話が聞こえない)状態になっているか、画面上ですぐわかる。ミーティングの初期の画面から、右にスワイプして画面が切り替わる。

反応スキントーン

ミーティング中に拍手やグッドマークなど表示できますが、そのマークの色を変更する機能。

デフォルトの他に、「明るい」~「暗い」まで、全部で6種類の色が用意されている。

チャット

リンクのプレビューを含める

チャットでURLなどを送ったときに、そのサイトのプレビューが表示される。

次のメッセージを受け取る

・全てのメッセージ

全てのメッセージを受信する。

・プライベートメッセージまたはメンションのみ

1対1のプライベートメッセージ及び、メンションを受け取る。

・チャネルの例外があります

特定のグループに例外を設定する。

未読メッセージ

・全ての未読メッセージを上部に維持

未読メッセージを上部に表示する。

・チャネルの未読メッセージ数を表示

未読のメッセージ数を表示する。

・新規反応のあるメッセージをチャットの一番下に移動します

新しいメッセージがチャットの一番下に移動する。

キーワードの通知を受け取る

登録したキーワードでチャットを受信したときのみ、通知を受け取る。

フォローしているメッセージに対する新規反応について通知

メッセージ自体をフォローしておくと、そのメッセージに応答があったときに通知を受け取る。

スマホの場合、メッセージを長押しするとフォロー項目が現れる。

ミーティング中は無効にする

ミーティング中は通知音が鳴らなくなる。

着信拒否

メッセージやミーティングの通知を拒否します。

・一時停止された通知

20分、1時間、2時間、4時間、8時間の拒否時間設定ができる。

・スケジュール済み

着信拒否の時間帯をスケジュールできる。

チャンネル未読メッセージを表示しているとき。

チャットの表示する順番を設定する。

・最初の未読のもので開始します

未読のメッセージ順に表示される。

・最新のもので開始します

最新のメッセージ順に表示される。

メッセージのプレビューを表示

メッセージ受信時に画面にメッセージ内容が表示される。

画面共有中も表示されるので、ミーティング中はOFFにしたほうが良い。

通知を受け取る日時

・デスクトップ上でアクティブである時も含め、常時

常にメッセージを通知を受信する。

・デスクトップ上でアクティブでないときのみ

オフラインの時のみメッセージを受信する。

・メッセージ通知設定

→通知を許可

通知を許可するか設定する。

→サイレント通知

通知を鳴動させず、通知パネルのみに表示される。

→バナー

ステータスバーの上部に表示

→ロック画面での通知

・表示

・表示しない

・表示させるが、内容は非表示

→サウンド

受信音を設定する。

→バイブレーション

受信時にバイブレーション機能を使うか設定する。

→割り込みを許可

通知の鳴動制限が有効な場合でも、このアプリからの通知を受信する。

詳細情報

バージョン

バージョンが最新か確認する。

問題を報告

ミーティング、電話、チャット、ウェビナー(ウェブセミナー)その他の項目について、問題があった場合に報告する。

Zoomについて他の人に知らせる

メールやメッセージで、Zoomを紹介できる。自分がZoomを使っていることを人へ報告する機能にもなる。

Google PlayストアでZoomを評価

GooglePlayにアクセスし、アプリを評価できる。

プライバシーポリシー

プライバシーに関する、ポリシーが表示される。

⑥ 新規ミーティング

ビデオオン

ミーティング開始時、ビデオを使うか設定できる。

個人ミーティングID(PMI)の使用

個人用に用意されたIDを使用してミーティングルームを用意するか設定できる。

⑦ 参加

ミーティングIDで参加

ホストから知らされているミーティングIDでミーティングに参加する。

会議室名で参加

ホストから知らされている回失明でミーティングに参加する。

オーディオに接続しない

ミーティング参加時、オーディオをオフにする。

自分のビデオをオフにする

ミーティング参加時、自分のビデオをオフにする。

⑧ スケジュール

ここではミーティングをスケジュールで実するときの、設定の仕方について解説します。

日付

ミーティングを実施する日付

開始

ミーティング開始時間

終了

ミーティング終了時間

タイムゾーン

デフォルトは、今使っている端末のタイムゾーン。

繰り返し

毎日、毎週、隔週、毎月、毎年の繰り返し設定ができる。

個人ミーティングID(PMI)の使用

個人ミーティングIDを使用するか設定できる。

ミーティングパスワード

ミーティングルームのパスワードを設定する。

ホストのビデオをオン

ミーティング開始時に、ホストのビデオを使用するか設定できる。

参加者の動画をオン

ミーティング開始時に、参加者のビデオを使用するか設定できる。

待合室を有効化

ミーティング参加者を待合室で待たせるか設定できる。OFFにすると、許可していない方が勝手に入ってくる可能性もある。

ホストより前の参加を許可

ホスト不在時でも参加者がミーティングに参加できるか設定する。

ミーティングを自動的にレコーディングする

ミーティング開始時から録画を自動的に開始するか設定する。

カレンダーに追加

Googleカレンダー等のカレンダーにスケジュールを反映できる。

⑨ 画面の共有(スマホ・タブレット共通)

カメラではなく、チャット相手にホストが開いている画面を共有することができる。

写真者やWebサイト、ホワイトボード、ゲーム画面など共有することもできる。

画面の共有方法はこちら

 

お疲れ様でした。

以上でスマホ・タブレットのホーム画面から使える機能を解説でした。

機能を知ると、Zoomを使うのが楽しみになってきますよ。

是非いろいろな機能をお試しください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました