Zoom「ホストには進行中の別のミーティング・・・」原因と対処法

Zoom

先日Zoomを使用した社内ミーティングに参加するときに、次のエラーが表示されミーティングに参加することができませんでした。

「ホストには進行中の別のミーティングがあります」

結果的に解決しミーティングに参加できたものの、ミーティング開始時刻が5分前後の遅れが発生。

今回は少人数のミーティングだったので大きな問題にはなりませんでしたが、大人数が参加するミーティングでは、出だしからグダグダな状態になっては困ります。

というわけで、社内で同じミスを発生させないためにも、原因と対策を調べてみました。

「ホストには進行中の別のミーティングがあります」の原因と対策

ミーティングに参加する場合、「基本的に」そのミーティングをホストが開催状態にしていることが条件です。

スケジュールを作ったものの、予定時刻になってもホストがそのミーティングを開催しない時に、参加者が参加しようとするとエラーが表示されます。

エラーが表示されるパターンは数種類ありますので、それらの原因と対処法をご説明したいと思います。

スケジュールとは別に、新規ミーティングを開催している

参加者側の表示

PCで参加したときのエラー表示

参加者側の表示

スマホで参加したときのエラー表示

参加者側の表示

 

原因

ホスト側が次の画面のような状態になると、①に参加しようとしている参加者にエラーが表示されます。

①:スケジュールでミーティング開始予定時間が過ぎ、開催待ちの状態になっている。

②:「①」が開催待ち状態にも関わらず、別に新規ミーティングを開催している。

原因

 

①の拡大画面です。参加者は①と②のどちらのIDへログインしようとしているか、ミーティングIDを確認してください。

原因

 

②の拡大画面です。①とは違うミーティングIDで、新規ミーティングを開催してしまっています。

原因

 

対処法

対処法1:ホストは①のスケジュールの「開始」左側にある「・・・」を選択し、スケジュールを削除。参加者は②に参加してもらう。

対処法

 

対処法2:ホストは開催中のミーティング②を終了させ、①のミーティングを開催する。開催できたら、エラーが発生している参加者はそのまま①に参加してもらう。

対処法

 

スケジュールは作ったが、ホストが未開催

参加者側のエラー表示

PCで参加したときのエラー表示

スケジュールは作ったが、ホストが未開催

スマホで参加したときのエラー表示

スケジュールは作ったが、ホストが未開催

 

原因

次の画面のようにホストがミーティングのスケジュールを作成はしたが、まだ開始していないのに参加者が参加することでエラーが発生する。

スケジュールは作ったが、ホストが未開催

対処法

ミーティングをすぐに開催する。

ミーティングをすぐに開催できない場合は次の設定を変更すると、参加者はエラー表示されずにホストより先にミーティングルームに入ることができる。

スケジュールの作成時か、作成した後であればスケジュールを編集することで設定できる。

1:待合室を有効化をOFFにする。(Zoom Bombing(Zoom爆弾)問題に気を付ける必要あり)

2:ホストより前の参加者を有効にする。

スケジュールは作ったが、ホストが未開催

参加者がホストより前に参加しても、ホストの機能を代行することはできません。

スケジュールが2つ以上ある

参加者側のエラー表示

PCで参加したときのエラー表示

スケジュールが2つ以上ある

スマホで参加したときのエラー表示

スケジュールが2つ以上ある

 

原因

ホストが作成したスケジュールが2つ以上あり、いずれかのスケジュールでミーティングを開催しているため、未開催のスケジュールに参加しよとするとエラーが発生する。

スケジュールが2つ以上ある

対処法

同時に2つのミーティングに参加することはできません。

アカウントをもう一つ作り、それぞれのアカウントでミーティングを開催することが、セキュリティ上の問題を考えても無難だと思います。

【ZOOM】気を付けるべき6種類のセキュリティリスクと対策法!
急激に普及しているコミュニケーションツールZoomですが、セキュリティリスクを心配する声が後を絶ちません。 調べてみると、確かにリスクはありました。 中にはすでに改善されたものもありますが、会社の大事な会議でZoomを使っている...

最後に

大人数のミーティングでエラーが表示されてしまったらパニック状態になるので、本設定を軽く考えず事前にしっかり設定するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました