【Zoom】40分の接続制限なし!有料(プロ)契約をぜんぶ解説

Zoom

私の会社でもテレワークや社外から会議に参加するときはZoomを使っており、始めは無料アカウントでミーティングを開いたり参加をしていました。

ただ使っているうちに、接続時間の上限で切断したりと、いろいろ弊害が出てきてしまったんですよね。

せっかく会議がいい感じにまとまってきてこれからって時に、バタバタしたくないじゃないですか。

ということもあり、接続時間とか気にせず使える「プロアカウント」を契約してみました。

そんなに高くないですし、余程お金に困っていない方であれば契約してもいいんじゃない?という感じでしたよ。

このページでは、有料(プロ)契約をしたら使える機能解説と、契約後私が使ってみた感想を少し述べてみたいと思います。

各アカウントごとに使える機能を比較

まずはアカウントごとの基本的な機能の比較表です。

契約できる基本的な有料アカウントは3種類で、ビジネスと企業は有料アカウントを複数もって管理するような契約ですので完全に法人向けです。

一般的にはプロ契約になるでしょう。

基本プロビジネス企業
月額無料2000円27000円270000円
ユーザー契約数1名1名(9名まで)10名~49名50名~ 
接続時間制限2名以上のミーティングは40分まで無制限無制限無制限
ミーティング同時接続人数100名100名(無料)
101名~1000名(有料)
300名(無料)
301名~1000名(有料)
500名(無料)
501名~1000名(有料)
動画のクラウド保存× 1G(有料追加詳細)1G (有料追加詳細)無制限 
セキュリティ向上

ルーティング対策

×

無料アカウントと有料アカウントを比較してみると、パッと見た感じ有料アカウントはあまり魅力を感じないですが、実はとても大事な機能がいくつかあります。

それではプロ契約をしたら何ができるのか、まず「機能」を一つずつ解説したいと思います。

ミーティングの時間制限と同時接続数

ミーティングの接続時間

ミーティングの接続時間

基本ユーザー、有料ユーザーに関わらず、ミーティングやウェビナーの接続時間には制限があります。

・基本ユーザーが1対多数のミーティング  40分

・基本ユーザーが1対1のミーティング  24時間

・有料アカウントでミーティング  24時間

まず1対1しか使わないという方であれば、寝ずに24時間も話す人はいないと思いますので基本契約で十分です。

ただ、1対多数のミーティング実施中に切断し、再度新規ミーティングを立ち上げたりするのが面倒であれば有料アカウントがお勧めです。

同時接続人数

次に接続人数です。

最初の表にも書きましたが、アカウントの種類ごとに接続人数の上限が決まっています。

基本プロビジネス企業
ミーティング同時接続人数100名100名(無料)
101名~1000名(有料)
300名(無料)
301名~1000名(有料)
500名(無料)
501名~1000名(有料)

契約しているアカウントの無料上限を超える接続数が必要な場合は、有料で追加する必要があります。料金は次の通りです。

ミーティングの接続時間

100名以上同時に接続って相当ですよね。私の社内では、関係部署全部接続しても1今迄100人接続がは無かったです。ですので追加は全く必要ないですね。将来ほぼ全員テレワークみたいな時代が来たら必要になるかもですけど・・・。

どうしても一時だけ多人数接続が必要な場合は購入するのも良いかもしれません。

ユーザー管理

次にユーザー管理です。

ユーザー管理

以下のようにアカウントの所有者がオーナーという立場になり、ユーザーを管理下に置いて、管理者や一般ユーザーとして役割を割り当てることができます。

また、管理者やユーザーの権限を詳細にコントロールできます。

ユーザー管理

権限は以下になります。

権限内容
ユーザーと許可の管理ユーザーの役割の割り当て、情報表示、ユーザーのグループ割り振りや管理
アカウント管理アカウントの詳細設定、ミーティング録画の編集、管理、共有作業。
ZoomRoomsの管理アカウントのデジタルサイネージ表示や編集、デバイス管理、カレンダー統合の表示、編集、その他設定。
IM管理IM(インスタントメッセージ)の履歴管理や、グループ内IM設定等。
支払い機能追加の支払いや、支払情報の管理。
ダッシュボード主に、使用統計データ関連の設定。
レポートアカウントの使用状況や、ユーザーの活動レポートの編集。
拡張機能以下機能の表示と編集。

・デベロッパー向けZoom

・H.323/SIPルームコネクタ

・ミーティングコネクタ

・ハイブリッド

・ブランディング

セキュリティ

・シングルサインオン

・統合

・Markeplace

API機能全ユーザーのチャットメッセージに対し、APIアクセスに関する設定。

正直私には縁のない設定も多数ありますが、ググってみると使いこなしている方(企業)も結構いるみたいです。

管理者機能コントロール

管理者機能コントロール

管理者機能コントロール

ミーティング内容の記録について、クラウドでの記録や、通信の暗号化、チャットの記録、記録の開始通知等の機能を使用することができます。

通信の暗号化についてはこちら

レポーティング

レポーティングです。

レポーティング

レポーティング

各レポートの管理ができます。レポートは大きく分けて2種類あり、使用状況レポートと、ユーザー活動レポートがあります。内容は次の表の通りです。

使用状況レポート内容
毎日1日の新規ユーザー数、会議数、参加者数、1か月の会議時間を表示。
アクティブホスト指定時間内のミーティング、参加者、議事録を表示。
非アクティブホスト一定時間アクティブでないユーザーを表示。
今後のイベント今後のミーティングとウェビナーを表示。
ミーティング会議の登録レポートと投票レポートを表示。
クラウド記録クラウドストレージ利用率の詳細情報をホスト別に表示。
リモートサポートミーティング内のサポートセッションを一定期間表示。

 

ユーザー活動レポート内容
操作ログ1か月以内に行われる管理者の作業を管理します。
サインイン/サインアウトユーザーによるサインインとサインアウトを管理します。

カスタムパーソナルミーティングID

カスタムパーソナルミーティングIDです。

カスタムパーソナルミーティングID

無料アカウントでもありましたが、アカウントを作成した時点で付与される固定ミーティングIDを変更することができます。

カスタムパーソナルミーティングID

スケジューラーの指定

スケジューラーの指定

スケジューラーの指定

アカウントオーナーが、ミーティングのスケジュールを設定する画面に次の設定項目が表示されます。

アカウント内で管理しているプロ契約のユーザーに、ミーティングの代替ホストを指定することができます。

スケジューラーの指定

1GBのMP4/M4Aクラウド記録

スケジューラーの指定

次の通りです。

スケジューラーの指定

クラウド記録の詳細については、次のページをご確認ください。

Zoomミーティングの議事録は作成不要。録画とデータ保存先解説。
Zoomの会議やミーティングでホストを任され会議を終わらせたのはいいけれど、後の議事録に時間を取られ自由時間が減ってしまうのは本当に嫌すぎます。 このページでは、Zoomで会議やミーティングでホストを任された場合に、録画機能(参加者も...

REST API

REST API(レート制限)です。

REST API

REST API

HPの解説には上記で解説されていますが、英文でよくわからなかったので翻訳してみました。

アカウント所有者は、REST APIにアクセスできます。レート制限は、アカウントタイプによって異なります。各APIには、ライト、ミディアム、ヘビー、またはリソース集約というラベルが付けられています。一部のAPIは、特定のアカウントタイプのみにアクセスできます。レート制限とAPIドキュメントを確認してください。どの計画があなたのニーズを満たすかを理解する。

??ちょっとよくわかりませんでした。

少し調べて私なりの理解はこうです。まずAPIについて。

【API】アプリケーションプログラミングインタフェース

広義ではソフトウェアコンポーネント同士が互いに情報をやりとりするのに使用するインタフェースの仕様である。

・TwitterのつぶやきをFacebookの投稿にも同時に反映させるAPIもある。

・動画コンテンツも別のホスト上のサイトに埋め込むことができる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

わかりやすい代表的なものは、YouTubeやGoogleMap、Twitterをサイトに埋め込むのもAPIの機能みたいです。Zoomでは、ZoomAPI機能を使えるアプリを作成し、Webやその他のサービスをZoomと統合することができます。

次に、そのアプリがZoomAPIから情報を取得する際、認証方式として以下の二つが使われています。

認証方式内容
JSON Web Tokens(JWT)作成したJWTアプリを「Zoom App Marketplace」 に登録します。登録が完了したJWTアプリが生成したトークン(認証情報)を使用し、HTTPSでZoom APIへのAPIリクエスト(Web等で使いたい情報の要求)を開始する。
OAuthまず「Zoom App Marketplace」でOAuthアプリを作成する必要があります。

OAuthアプリは次の手順でAPIリクエスト(Web等で使いたい情報の要求)を開始します。

1:ユーザーの情報にアクセスするために、対象のズームユーザからアクセスの承認を受ける。

2:ズームユーザーから承認を受けたことを「Zoom Authorization Server」に提示し、トークン(認証情報)を受ける。

3:「Zoom Authorization Server」から受けたトークン(認証情報)を利用し、Zoom APIへのAPIリクエスト(Web等で使いたい情報の要求)を開始する。

セキュリティの観点から、このAPIリクエスト(Web等で使いたい情報の要求)の認証回数に制限があるというのがREST API(レート制限)でした。

で、実際その制限される回数の考え方ってなんでしたっけ。最初の翻訳をもう一度。

アカウント所有者は、REST APIにアクセスできます。レート制限は、アカウントタイプによって異なります。各APIには、ライト、ミディアム、ヘビー、またはリソース集約というラベルが付けられています。一部のAPIは、特定のアカウントタイプのみにアクセスできます。レート制限とAPIドキュメントを確認してください。どの計画があなたのニーズを満たすかを理解する。

うーん。アカウントタイプ(プロとかビジネスとか)はわかるんですけど、ライト、ミディアム、ヘビー、リソース集約のラベルってなんだろう。また理解できない用語が出てきたので調べました。

要は、先ほどのAPIリクエスト(Web等で使いたい情報の要求)のタイプみたいです。

APIリクエストのタイプ内容
ライト(Light)特定のユーザーに関する詳細の取得、ユーザーステータスの更新など、単一のリソースを作成、取得、更新、削除します。
ミディアム(Medium)バッチAPIチャットAPIが含まれます。
バッチAPI:リストグループメンバー、グループにメンバーを追加するなど、複数のリソースを一度に作成、取得、更新します。
チャットのAPI:
チャットコンタクト、チャットメッセージとチャットチャンネル の情報。
ヘビー(Heavy)レポートAPIとほとんどのダッシュボードAPIが含まれます。一部のダッシュボードAPIは、Heavy APIリクエストよりも厳しいレート制限があり、これらのAPIはリソース集約型ラベルによって識別できます。
リソース集約(Resource-intensive)次のエンドポイントを持つダッシュボードAPIが含まれます。
GET / v2 / metrics / meetings
GET / v2 / metrics / webinars
GET / v2 / metrics / zoomrooms
GET / v2 / metrics / im

そして最後に、これらのAPIリクエスト(Web等で使いたい情報の要求)とアカウントタイプに対するREST API(レート制限)です。

リクエストのタイプレート制限(プロ)レート制限(ビジネス、教育、エンタープライズ、パートナーアカウント)
ライト(Light)30リクエスト/秒80リクエスト/秒
ミディアム(Medium)20リクエスト/秒60リクエスト/秒
ヘビー(Heavy)10リクエスト/秒
1日あたり30,000リクエストのレート制限が、ヘビーでリソース集約API間で共有される。
40リクエスト/秒
1日あたり60,000リクエストのレート制限が、ヘビーでリソース集約API間で共有される。
リソース集約(Resource-intensive)10リクエスト/分
1日あたり30,000リクエストのレート制限が、ヘビーでリソース集約API間で共有される。
20リクエスト/分
1日あたり60,000リクエストのレート制限が、ヘビーでリソース集約API間で共有される。

また、REST API(レート制限)に達した場合、以下のエラーが表示されます。

レート制限HTTPステータスコードレート制限(ビジネス、教育、エンタープライズ、パートナーアカウント)
通常429You have reached the maximum per-second rate limit for this API. Try again later.

このAPIの1秒あたりの最大レート制限に達しました。あとでもう一度試してみてください。

1日の上限429You have reached the maximum daily rate limit for this API. Refer to the response header for details on when you can make another request.

このAPIの1日の最大レート制限に達しました。別のリクエストをいつ行うことができるかについての詳細は、応答ヘッダーを参照してください。

今回プロアカウントの機能として解説しましたが、無料アカウントでもできる機能があるとかないとか。詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

ZoomのAPIを利用するために、アプリケーションを作成する方は以下にアクセスしてください。

Zoom App Marketplace

Skype for Business(Lync)相互運用性

見てわかる通り、ZoomのミーティングにSkype for Busnessで参加できるようになります。

Skype for Business(Lync)相互運用性

Skype for Business(Lync)相互運用性

以下に手順を解説します。

1:Zoom Webポータルにログインし、[アカウント設定]に移動。

ミーティングにて(詳細)⇒[Skype for Business(Lync)クライアントにズーム会議への参加を許可する]をオン(青)に切り替えます  。

Skype for Business(Lync)相互運用性

2:Skype for Business / Lyncを起動し、[連絡先]検索欄で、「MeetingID@lync.zoom.us」と入力します。※ MeetingIDは、ZoomのミーティングIDです。

3:接続後パスワードを求められた場合は、パスワードを入力し接続完了です。

オプションのアドオンプラン

その他各種アドオン(拡張機能)です。

オプションのアドオンプラン

 

アドオン(拡張機能)内容
ウェビナー
  • インタラクティブなビデオ参加者は100名まで、閲覧のみの参加者は10,000名まで許容
  • パネリストの消音/消音解除や記録などのホストコントロール
  • 登録、ウェビナー後のレポート
Zoom Rooms
  • コントローラ、カメラ、スピーカー、モニターとしてMac mini、PC、またはiPadだけを使用して、あらゆる規模の部屋で高品質のビデオ会議、音声会議、ウェブ会議を実現
  • Wi-Fi、Airplay、有線HDMI接続による画面共有(音声付きビデオクリップも共有可能!)
  • Google/Microsoft Exchangeカレンダーと統合すれば、簡単にスケジュールを作成でき、シングルタップで参加できます
  • H.323/SIPルームシステムと、デスクトップPC、タブレット、モバイル機器との通信が可能
  • Polycom、Cisco、Lifesizeなどのビデオ会議エンドポイントで機能
  • H.264、H.239、H.235、G.722のプロトコルに対応
大規模ミーティング
  • 最大1,000人が参加できる双方向通信を利用可能
  • 最大25名までの参加者を画面で同時に閲覧
  • ダイレクトID + 無制限のインネットワーク通話
  • 無制限のインバウンド通話
  • サードパーティのフリーダイヤル番号に電話をかける能力
  • E911サービス
  • VoIP、コールイン、コールアウト、グローバル無料通話
  • 参加者はどんなデバイスからでも無料でコールインできます。
  • 1つまたは複数の国/地域を簡単に選択し、フリーダイヤルで電話
  • クラウド録画用に最大3 TBの追加ストレージ容量をご用意ください。(プロアカウントには1GB/ホストが含まれます。ビジネスアカウントには、ホストの数に応じて1~10GB/ホストが含まれます。詳細を参照してください。)
  • 月間プラン¥5,400~

 

「基本ユーザー」から「プロ」へのアップグレード(契約)手順

「基本ユーザー」から「プロ」へのアップグレード(契約)手順

マイアカウントのプロフィールから、「ユーザータイプ」のアップグレードするを選択します。

「基本ユーザー」から「プロ」へのアップグレード(契約)手順

 

次に、右下にある「アカウントをアップグレード」を選択します。

「基本ユーザー」から「プロ」へのアップグレード(契約)手順

 

推奨プランのプロ内にある、「アップグレード」を選択します。

「基本ユーザー」から「プロ」へのアップグレード(契約)手順

 

月額にするか、年額にするかを選択し、右下の「続ける」を選択します。

「基本ユーザー」から「プロ」へのアップグレード(契約)手順

この後、契約氏名、住所、会社名、支払方法を決定し、支払いを終えれば契約完了です。

契約を済ませると次のようなメールが飛んできます。

翻訳すると「お支払いは正常に処理され、アカウントに適用されました。・・・・ありがとうございます!」みたいな感じでした。

「基本ユーザー」から「プロ」へのアップグレード(契約)手順

 

契約後のプロフィールを見るとこんな表示がされています。「ライセンス済み」となっていれば、契約が終わっている状態です。

「基本ユーザー」から「プロ」へのアップグレード(契約)手順

 

プロ契約の解約方法

プロ契約の解約方法

その場で即、基本プランへ戻す機能はなさそうです。次に手順を解説します。

 

1:最初にマイプロフィールにアクセスします。マイプロフィールはこちら

2:アカウント管理 ⇒ 支払い に進みます。

3:現在のプランにある「登録を中止」を選択します。

プロ契約の解約方法

拡大したところです。

プロ契約の解約方法

4:次のように、当初の契約期間は使用できることと、クラウドの保存内容に対する注意事項等が表示されます。

引き続き解約を進める場合は、右下の「登録を中止」を選択してください。

プロ契約の解約方法

5:最後にアンケートが表示されます。

6つの理由から最低一つ選択後、「続ける」を選択してください。

※ 一つ選択しないと先に進めません。

プロ契約の解約方法

6:現在のプランにあるステータスが、「キャンセルされました」に代わっていれば成功です。

契約期間終了後、基本プランに戻ります。

プロ契約の解約方法

 

最後に

プロ契約へアップグレードした場合の機能を解説いたしましたが、よほど使いこなしている法人以外であれば、結局必要な機能は次の3つかなと思いました。

ミーティング内容を記録し「クラウド」に保存したものを議事録として皆に共有できる。

通信のセキュリティの向上。有料契約のセキュリティに関してはこちら。

3人以上のミーティング時に、接続時間の制限解除。

冒頭でも言いましたが、よっぽどお金に困っている方以外は一度試してみる価値はあると思いますよ。

コメント

  1. olive より:

    とても詳しい内容を紹介していただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました